【あがり症対策】早速今日から毎日実践!自己紹介トレーニング!

コンプレックス
へっぽこ
へっぽこ

この記事は
こんな人に向けた内容になっています。


①人前で話をするとあがってしまう
②上手に話そうと思うと余計あがる
③自己紹介の順番待ちで心臓バクバク
④1対1なら問題ないが、人数が増えれば増えるほどあがってしまう
⑤人から注目を浴びると心臓バクバク



実はこれ、全部僕のことを書きました。



つまり



僕は極度のあがり症です。


あがり症の改善に必要なことは

はじめまして、へっぽこと申します。



僕は幼いころからずっと人前で何かをするのが苦手でした。


自己紹介がいい例です。


みなさんもご経験あるかと思いますが、順番が周ってくる間の待ち時間ほど辛いものはありません。しかも、中には余裕かまして爆笑をとるとんでもないヤツもいて、腹が立つほどプレッシャーをかけてくるのです。


そして自分の番が来た時は、散々な結果に・・・


その後は落ち込み・・・


酷い時は何日も引きずり・・・


悪いのはあがり症だからと、それを克服しようと自己啓発本を読んでは治った気になってみたり・・・


でも現実はそう甘くはないんですよね。


それでは絶対に克服なんか出来ないんです。


僕は以前、話し方教室というところで体験授業を受けたことかがあります。(その時の記事はこちら

そこで学んだことは、あがり症を改善するためには、とにかく訓練して場の空気に慣れることでした。


つまり、場数を踏むということ。


頭では何となくわかっていたことだが、実際に体験してみて、やはりこれ以外に方法はないと確信しました。


本来ならこの話し方教室に本申込して、ある程度の人数がいる中で訓練を重ねるのがベストだと思います。


ですが、僕はその体験授業を1回参加して以来、経済的・時間的な理由で通うことが出来なかったのです。


だからそれ以来、人前で話をする時と同じような空間を、お金をかけずに何とか体感出来ないものかと探し続けていました。

そこで考えたのが、自己紹介トレーニングです!

毎日自己紹介をすることで、人前で話す雰囲気に慣れましょうというのが、このトレーニングの趣旨になります。


このトレーニングは、出来れば聴衆役(協力者)がいた方が効果的だと思います。


一人で自己紹介する方法もありますが、やはり誰かに聞いてもらうほうが、より緊張感も増して、実際の現場の空気に少しでも近づけられると思うのです。


僕は奥さんに協力してもらってトレーニングを行っています。

自己紹介のテーマも毎回違うものを決めてムチャブリしてもらうと、よりプレッシャーがかかって効果的です。


ここで「身内にやっても意味ないのでは?」といった声が聞こえてきそうですが、実際にやっていただくと分かりますが、身内でも意外と緊張するんです。


例えば、急に「両親の前で自己紹介して下さい!」と言われて抵抗ありませんか?

普段慣れないことを始めると、脳が自然と拒否反応を示すのと一緒です。


もし、そういった環境があるならば、是非一度試してみてください! 

実際にトレーニングをする上で注意していること

それは自己紹介が終わった後は、僕は奥さんに感想を求めないことにしています。

内容はどうあれ、まずは現場の空気に慣れることが重要だと思うからです。

よく自分を動画に撮って、悪いところを改善していくやり方を聞きますが、最初からそれをやると自分の姿に幻滅して、トレーニングをやめてしまうといったリスクがあります。

なので、何をやるにしても言えることだと思いますが、続けることに意味があって、そのために最初は何も考えず、とにかく慣れることだけに集中すべきだと思います。


ある程度これを続けてみて、少し余裕が出てきてから、そういうことも取り入れた方がいいのではないでしょうか。


僕はこのやり方を開始してから、少しずつですが、状況に応じて自分なりの話すパターンが考えられるようになってきました。


例えば、職場だったら「あれを言おうとか、この話はここでは合わないな」など。


最終的には、実際の現場であまり緊張せずに話が出来るようになれるまでは、トレーニングを続けていきたいと思っています。


人前で話すことに慣れれば、自分に自信がつき、もしかしたら苦手意識からの逃げ癖も改善されるかもしれません。いや、きっと改善されるはずです。

最後に

もし、みなさんが僕のように、あがり症が理由でとても辛い経験をされ、何とかしたいけど、さすがに教室に通うまでは・・・

という方には、ぜひ試していただきたい方法となっています。


協力してもらう相手は、ご家族でも、友人でもどなたでも構いません。


もし相手が居なかったとしても、静かな場所を選んで一人で実践しても必ず効果があると思うのでやってみてください。


因みに僕は朝早く会社に行って、誰もいない事務所で一人練習も行っています。


周りに人がいる状況を出来るだけリアルにイメージするのです。そうするだけでも、緊張状態を作り出すことは出来ます。



自己紹介トレーニングを毎日続けて、僕と一緒にあがり症を克服していきませんか?


最後まで読んでいただきありがとうございました。


【セロトニン効果でAGARI克服】 人と話すとき緊張してしまう。その背景には、『セロトニン』が関係していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました