伊豆高原~道の駅伊東マリンタウンで漁師飯を食う

雑記

どうも、へっぽこです。


9月に入り、夏休みをとって奥さんと伊豆に行ってきた。


なんで伊豆にしたかと言うと、例年この時期は、サーフトリップで伊豆の下田に行ってたということもあって、綺麗な海が見られ個人的に好きな場所だったからだ。

ただ今回は奥さんもいるのでサーフィンは無しで、とりあえずちょっとした観光を楽しみつつ、食べることが大好きな僕らは、伊豆で海鮮丼が食べたい!ということで日帰りのプチ旅行が決定したのだ。


ところが、この日はちょうど台風9号が九州からお隣韓国へ通過したばかりで、雨は降ったり止んだりと、天気はかなり不安定。


そんな中、僕らの車は伊東市へと入った。


「お昼まで時間があるから先に伊豆高原で山に登ろう!」と奥さん。


今は雨が止んでいるが、いつ降ってもおかしくない状況。それでもせっかく来たんだし、とりあえず伊豆高原の「大室山(おおむろやま)」へ向かうことにした。

平日ということもあって駐車場はガラガラ。第3駐車場まであるところを見ると、恐らく休日は混雑すると思われる。


すでに怪しい雲が空を覆っている。出来れば降らないで欲しいところ。

山の斜面に沿って小さく見えるのが登山リフトだ。あれに乗って頂上へと向かうようになっている。

登山リフト(2人乗り)は有料で往復料金
【大人一人】700円
【子供一人】350円
【頂上までの所要時間】5分程度

意外とお高い(笑)


山麓からリフトに乗るのだが、観覧車のように常時流れており、従業員の方の指示に従ってタイミングよく乗り込む!乗ったらすぐに頭上にある安全バーを下げて体を固定するが足はブラブラ状態。

ちょっと怖いけど、ゆっくりと山頂に向かって進みだした。

因みに僕は高所恐怖症
次第に山麓が小さくなっていく。自然と安全バーを握る手に力が入る。手汗がすごい。

高い所に上がっていくのと違って、山の傾斜に沿ってリフトが上がっていくので、前を見ている限りでは特に怖くはない。でも後ろを振り返ればお尻がゾンゾンするくらい「高さ」を感じる!この大室山は山麓から山頂の高低差は140m近くあるのだ。


それでもなんとか頑張って山頂に到着!





・・。





・・・。





霧で何も見えねーーーー(そんな気がしてたよ)



さらに雨がパラつき始め、風もやや強めに吹いているのだ(そして傘もない)

この風、思ってた以上に強かったので、帽子は飛ばされないために被らない方がいいと思った。


山頂には、売店とお団子屋さん(この日は閉まっていた)とトイレもある。テーブルとベンチもあるので絶景を楽しみながら、ここで一休みが出来る。(天気が良ければの話)


風のおかげで少し霧が晴れて、ようやく火口が見えてきた。

火口まで降りることも出来て、そこでアーチェリーを楽しめるようだ。道具は山頂の売店でレンタル可。

下の画像は火口に沿って遊歩道となっている。一周は20~30分程度で周れるのだそう。サンダルで歩いてる人を見かけたけど、実際30分歩くとなると靴の方が疲れにくいかもしれない。

「今度は晴れてるときに来よう!」とおそらく果たされないであろう約束をして、そろそろ下山することにした僕らだったが、雨が一向に止まない!

さすがに濡れながらリフトで降りたくないので山頂でしばらく立ち往生していると、雨が止んでくれた!


ここぞとばかりに大急ぎでリフトに乗る!


僕「よかったねー止んで」
奥さん「うん」





・・・。



・・・・。




ポツ・・・




ポツポツ・・・




え?




パラパラ・・・




うそ!?




バラバラ・・・




ひっ




ザーザー・・・





ひえーーーーーーー!




傘も持たずにリフトに乗ってる無抵抗な僕らに、容赦なく降り注ぐ大粒の雨。




全身ビッショビッショ。




とにかくもう笑うしかない(笑)




僕らの前に乗った、おばあ様2人組も可哀そうに水浴び状態。




そして山麓についた時にはパンツの中までズブ濡れ;;


いやーーーまいった;;


「しばらくは止まないかもねー」と濡れた服を絞ってたら、急に晴れ間がさしてきた。


どんだけーーーーw


本当ついてないw


当然着替えもないので、このまま車に乗って次の目的地「道の駅 伊東マリンタウン」へと移動した。


エアコンの冷気で風邪を引かないように気をつけないと・・・



ここでもう1つの観光スポットをご紹介。

この大室山の駐車場の向かい側には「伊豆シャボテン動物公園」がある。

下の画像が、動物園のサブエントランス。

入口までは上り坂を歩いていく。

入園券はここで購入ができる。

>>入園料金<<
【大人(中学生以上)】 2,400円
【小学生】       1,200円
【幼児(4歳以上)】    400円
【シニア(70歳以上)】2,000円

>>団体料金(15名以上)<<
【大人(中学生以上)】 2,000円
【小学生】       1,000円
【幼児(4歳以上)】    300円

※大室山の登山リフトに乗った場合、リフトのチケットを見せれば入園料金から1割引きしてもらえるので、リフトチケットは無くさないように!


僕らは時間の関係で実際には入園しなかったのだが、大室山の目の前にあるのでご紹介だけさせていただきました。




時刻も12時をまわり、お腹も空いてきたところ。

僕らは伊豆高原から「道の駅 伊豆マリンタウン」へと向かった。

ここマリンタウンでは、お土産屋や飲食店以外にも、遊覧船に乗ったり、足湯に浸かることも出来るようだ。(この日は足湯の湯が空っぽで浸かれなかったw)


飲食店は、建物内に10店舗くらい入っており、「浜焼屋」「お蕎麦屋」「寿司屋」「ラーメン屋」「定食屋」などがある。


海鮮丼を食べに来た僕らは、この建物の隣の別館にある「伊豆高原ビール 伊東マリンタウン店」さんへお邪魔した。

店内はテーブル席が20席くらいあり、コロナ対策として各テーブルに透明なアクリル板で仕切られてあるので安心。また、テラス席もあるので晴れた日には外でビールを飲みながら食事をするのがよさそうだ。

客層は20~30代くらいの若い人が多い印象。

メニューも海鮮丼やピザ・パスタなんかもある。お酒が飲める人は数種類ある伊豆高原ビールもオススメ!



そして早速注文!



下の画像は奥さんが頼んだ
【漁師の漬け丼】  2,380円(税抜)
※味噌汁はセットで付いてくる。

ボリュームやばw

どんぶりも小ぶりサイズを想像していただけに、意外と普通に大きいどんぶりが出てきたのでビックリ!

てっぺんにミニイクラ、マグロ・イカ・サーモン・白身魚を漬けた塊がタワーのようにズッシリ乗っかっている!



下の画像は僕の
【漁師の漬け丼(ご飯大盛)】2,380円+150円(税抜)

普通盛に比べて、さらにどんぶりが一回り大きくなっている。

とにかくボリュームがやばい!食べる前から完食出来るか不安になってきた。



それでは早速実食!



・・。



・・・。



・・・・。



なるほど。

>>漁師の漬け丼評価<<

【味】    ★★☆☆☆
【量】    ★★☆☆☆
【鮮度】   ★☆☆☆☆
【価格設定】 ★☆☆☆☆
【満足度】  ★☆☆☆☆


正直な感想を言うと、

漬け丼の割には味が薄く、何回かお店専用の醤油をぶっかけた程。

それに魚がものすごく生臭い。

そしてご飯が酢飯じゃないのは、なぜ?海鮮丼といえば酢飯では?(漬け丼だから普通の白米なのかな?)

ご飯の微妙な温かさもなんだか合わない。


あと量も無駄に多すぎる気がする。僕はなんとか全部食べ切ったのだが、ご飯の大盛はオススメしない。因みに奥さんは普通に量を食べれる人だが、海鮮含めて半分は手をつけないで残した状態。


とにかくバランスが悪すぎる。

この仕上がりにしては価格も高すぎるし。

質より量を取る人にはいいかもしれないが、残念ながらこれはあまりオススメ出来ない。


楽しみにしていただけに、満足出来なかったのが残念だ。

このあと、奥さん用に伊豆高原ビールも頼んだのだが「市販のビールと違いがわからない」ということwこれまた残念

【伊豆高原ビール 大室】 中ジョッキ 580円(税別)
※伊豆高原ビールは5種類ほどある


今回の伊豆旅行は、天気も悪く、料理もいまいちで非常に残念な旅行となってしまったが、それでもコロナ渦でしばらくお出かけしてなかったので、久々で楽しかった。


はやくコロナが終息して、次は北海道の函館辺りに行きたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました